これであなたも人気の先生に!生徒に好かれるつの秘訣

  >  > これであなたも人気の先生に!生徒に好かれる4つの秘訣

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • pocketに保存

家庭教師のバイトを始めて、やはりもっとも気になるのは生徒の反応です。話しかけても生徒からの反応が冷たかったり、呼びかけに対して無反応だったりと、生徒への接し方に悩んでいる人は多いはず…!

「こんなに一生懸命やっているのに、どうして伝わらないんだ!」と思う前に、あなたが生徒の気持ちを考えて、指導に取り組んでいるか考えてみてください。

この記事では、実際に生徒に人気のある先生の4つの特徴を紹介します。生徒との関係で悩んでいる人は、必ず解決できる糸口が見つかるはずです。

悩みを抱えていない人も、自分の対応は大丈夫か、チェックしながら読み進めてくださいね。

生徒の同じ目線に立つ

まず大事なのは、生徒の得意、不得意を把握し、生徒と同じ目線になって教えることです。「なんでこんな問題も解けないんだ…」っと思わず、生徒の「わからない」を理解してあげること。気持ちをわかってあげることが大事です。

良くないケースとして、「わたしが生徒の年だった頃は〜」と、過去の自分と比較して話す人がいますが、それは止めたほうがいいでしょう。大半の生徒が悪く受け取り、「自慢された」と感じます。あなたにそんな気がなくても、「できない自分を否定」されたような気持ちになるのです。

不得意な部分はよくかみ砕いて、丁寧に教えてあげてください。

嫌そうな顔は絶対に見せない

たとえ何度も教えたことが出来ていなくても、生徒の前で嫌そうな顔は絶対に見せてはいけません。「前にも言ったけど…」「どうして覚えられないの」なんて言葉は、生徒を傷つけるだけなので、使わないように注意してください。

先生の嫌そうな雰囲気を生徒は敏感に感じ取ってしまい、質問することさえ萎縮してしまいます。生徒が勉強しやすい環境を作ってあげることも大事なので、「またか…」と思うことがあっても、表に出さず根気よく指導してあげてください。

褒める、否定しない

些細なことでも、とにかく褒めてあげることが大切です。褒めることで生徒の「やる気」が伸びていきます。また、生徒の考えを頭ごなしに「否定」せず、たとえ間違っていても一度は認めてあげたり、言い方を変えて説明してあげてください。共感することで生徒からの信頼が強まります。

大事なのは、いかなるときも生徒の気持ちを汲んであげることです。

雑談はほどほどに

趣味の話や興味のあることなど、ちょっとした雑談を取り入れることで、生徒との信頼関係を強くするキッカケになります。授業開始前やちょっとした休憩時間に、生徒の様子をみて取り入れるのがいいでしょう。

しかし、話が盛り上がり過ぎて授業時間に支障が出てしまわないように注意してください。あまり、雑談ばかりだと生徒に不信感を持たれてしまいますので、雑談はあくまで「ほどほど」にです。

以上4つが、実際に生徒に好かれている先生の特徴です。 読みながら、自分は生徒の気持ちを組み、生徒の気持ちにそって接しているのか確認できたと思います。出来ていないなっと思った人は、4つのことを意識して生徒への接し方を少しづつ変えてみてください。あなたから変わることで、生徒のあなたへの意識も変化していきます。

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加
  • pocketに保存
 お勧め記事
 募集要項
応募資格 大学院生、専門学生、高専、大学卒業生(社会人)、未経験者OK!
募集エリア(関東) 東京・千葉・茨城・埼玉・神奈川
募集エリア(関西) 兵庫・奈良・京都・大阪・滋賀・和歌山・岡山
募集エリア(九州) 福岡・山口・佐賀・熊本・大分・長崎・宮崎・鹿児島
報酬 時給:1800円〜2500円(小中高生対象)交通費支給
勤務時間 平日15時から23時の間で1~2時間程度。 土日祝日10時~23時の中で1~2時間程度。 ご希望の時間帯が選べます。※週一からも可能!